fbpx

Jermaine Jackson Special Interview Fender Japan

Read Jermaine Jackson's special interview with Fender Japan at Fender News Japan

Japanese:

 ジャーメイン・ジャクソンスペシャルインタビュー

ジャーメイン・ジャクソン スペシャルインタビュー

肌寒い風が吹き始めた2019年の秋、Blue Note Tokyoでの公演の為に来日していたジャクソン・ファミリーの三男、ジャーメイン・ジャクソンに行ったスペシャルインタビュー。 ベースという楽器の魅力や練習方法など、ステージ直前の彼の楽屋で貴重な話を聞くことができた。


―  ベースを弾き始めたのはいつ頃ですか?

ジャーメイン・ジャクソン(以下:ジャーメイン) 10歳の頃でした。最初はベースを持っていなかったので、ギターでベースのパートを弾いていました。のちに父が買ってくれたベースはVOX製で、もう少し大きくなってから最初のフェンダーを手に入れ、それ以降は常にフェンダーをプレイしています。ベースにラインストーンをたくさん付けて、カラーリングしたりもしましたね。(ジャクソンズの)ヴィクトリー・ツアーの時は、持っている全てのフェンダー・ベースのネックを取り外して、星やスパイダーなどの形のボディのベースをデザインしたこともありました。どれもクラシカルなフェンダーのベースでした。

―  ベース・プレイヤーになる前に、プレイしていた他の楽器はありますか?

ジャーメイン ベース以外にも、ドラムを叩いたり、ピアノもたまに弾いていました。ベース・プレイヤーというのは、トーン(音色)を聴きたいと思うものなので、ピアノを弾けるようになるベーシストも多いんですよ。ベースは弦が4本しかないので、もっとカラフルな音を聴きたくなるんです。ベーシストは、曲が聴こえてきたら必ずベース・ラインを耳で追います。どんな曲でも、自然とベース・ラインに引きつけられるんです。

―  長年フェンダーを愛用されているということですが、フェンダーの楽器にはどのような印象を持たれていますか?

ジャーメイン 僕が持っている印象は、サウンドが安定しているということと耐久性があるということですね。だからこそ、他のメーカーからも真似されていますよね。フェンダーのベースはたくさんの偉大なミュージシャンにプレイされています。例えば、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのラリー・グラハム。60年代後半くらいでしたが、フェンダーのベースをプレイするにあたって、彼からは本当に大きな影響を受けました。フェンダーは、そのネームバリューにふさわしい、素晴らしい製品を生み出し続けていると思います。そしてステージでは、常に安定感のあるサウンドを聴かせてくれます。

―  ベースは独学ですか?

ジャーメイン そうです。僕たちは皆独学です。耳で聴いた音楽を、そのまま演奏しようとしました。コツさえつかめるようになればスムーズに行くものなんですよ。

―  ベースの練習方法を教えていただけますか。

ジャーメイン モータウンに、ジェームス・ジェマーソンという素晴らしいベーシストがいるのですが、彼は、1本の指だけを使った複雑なプレイをしていました。彼は、”ベーシストの中のベーシスト”といえる人。多くのモータウン作品でプレイしていて、難易度の高いプレイといえば彼でしたね。まずは彼のことを研究して、彼のプレイからインスピレーションを得ようと思いました。でも、彼のベースを弾けるようになっても、僕は他のベーシストとは違って、「ベースを弾いて」、「歌って」、「踊る」という3つの違うことをしなくてはならないのが大変でした。歌と演奏のリズムが違ったり、それに加えて足の動きがありましたからね。「ダンスの動きを止めないように」と、父には常に言われていましたから。だからティトと僕は大変でした。ジャッキー、マーロン、マイケルは「全員でダンスしなきゃ!」と言い、僕たちは「こちらは楽器もあるんだよ!」なんて言ってましたね。 最初はとても難しかったですが、初めからずっとやっていることなので、今は自然にできるようになりましたよ。

―  ベースという楽器の一番の魅力は何だと思いますか?

ジャーメイン まずベースは大きいので、ギターより見た目がかっこいいと思います。ベーシストはみんなクールな佇まいで、自分のプレイに自信を持って堂々とステージに立っていますよね。

―  今回のライヴでもフェンダーのベースをステージで使用されているということですが、アメリカから持ってこられたのは、黒のベースですね。

ジャーメイン そうです。アメリカのサム・アッシュというお店で買いました。「世界で最も有名な楽器店」とも言われています。それはちょっと違う気もしますが……(苦笑)。今回日本でお借りした白のフェンダーと、サウンドも、感触も、全く同じなんです。両方とも(アメリカから持ってきたベースも、お借りしたベースも)、フェンダーのAmerican Eliteです。

―  American Eliteがお好きなのですか?

ジャーメイン そうですね。僕はベースの弦は4本あれば十分だと思っています。5本だとネックがちょっと太くなってしまうし。このベースはネックの部分がほどよく細くて良いですよね。誰もが弾きやすいと感じるのではないでしょうか。手が小さな人でも弾きやすいと思いますよ。

―  ありがとうございます。さて、まもなくホリデーシーズンですが、おすすめのクリスマス・プレゼントがあったら教えていただけますか。

ジャーメイン ホリデーシーズンに誰もが、誰に対してでも贈ることができるのは、「愛」です。それがプレゼントという形態なのか、共に時間を過ごすのか、言葉で思いを伝えるのか。どれも「愛」がこもっていれば、それが最高のギフトだと思います。

―  最後に、ジャーメインさんのような素晴らしいプレイヤーになりたいと思って日々練習に励んでいるプレイヤーにアドバイスとメッセージをお願いします。

ジャーメイン まず、ジョー・ジャクソンという親の元で生まれていないと僕みたいにはなれませんが(笑)、とにかく、諦めないことが重要だと思います。大変なこともあると思います。でも、続けることが大切だと思います。まずは、ダンスのことは考えずに歌とプレイに集中してくださいね(笑)。回数をこなせば、いずれ自然に身についてきますから。

―  (ジャクソン5の最初のシングル曲「I Want You Back」から今年で50年なので...)少なくとも50年以上は頑張らないとですね。

ジャーメイン はい、そうですね(笑)。

―  ライヴ前に貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

ジャーメイン こちらこそありがとう!

PROFILE

ジャーメイン・ジャクソン
"世界で最も有名な音楽一家" ジャクソン・ファミリーの三男、ジャーメイン・ジャクソン。ジャクソン5のリードヴォーカル&ベーシストとして、兄弟であるジャッキー、ティト、マーロン、マイケルと共に1967年デビュー。並外れた音楽的才能と振り付けで70年代初頭の音楽界を席巻し、ソロキャリアの礎を築く。その後、ジャクソンズとしての活躍でも世界中のファンに愛され、音楽史における唯一無二のアイドルとして君臨。ソロとしても「ダディーズ・ホーム」「レッツ・ゲット・シーリアス」など多数のヒットナンバーを生み出し、ホイットニー・ヒューストンの『そよ風の贈りもの』では一部音源のプロデュースに加え、ゲスト・シンガーとしても尽力。エレガントなヴォイスとベーシストとしての才能を併せ持ち、音楽シーンに大きな足跡を残している。

English:

A special interview with Jermaine Jackson, the third son of the Jackson family who came to Japan to perform at Blue Note Tokyo in the fall of 2019 when the chilly wind began to blow. I was able to hear precious stories in the dressing room just before the stage, such as the appeal of the instrument called bass and how to practice.

-When did you start playing the bass?

Jermaine Jackson (below: Jermaine) When I was ten years old. I didn't have a bass at first, so I played the bass part with a guitar. The bass that my father bought later was made of VOX. After getting a little bigger, I got my first Fender, and since then I have always played Fender. I added a lot of rhinestones to the base and colored it. At the time of the Victory Tour (Jacksons), I removed all the fender base necks and designed the base of the body like a star or spider. Each was a classic Fender bass.

-Are there any other instruments you played before becoming a bass player?

In addition to the Jermaine bass, I played drums and sometimes played the piano. Bass players want to hear the tone, so there are many bassists who can play the piano. The bass has only four strings, so I want to hear more colorful sounds. The bassist always follows the bass line when he hears the song. Any song is naturally attracted to the bass line.

-You have been using Fender for many years. What is your impression of Fender instruments?

Jermaine: My impression is that the sound is stable and durable. That's why they are imitated by other manufacturers. Fender bass has been played by many great musicians. For example, Larry Graham of Sly & The Family Stone. It was around the late 1960s, but he really influenced me a lot when playing fender bass. I think Fender continues to produce wonderful products that are worthy of its name value. And on stage, you always hear a stable sound.

― Is the base self-taught?

Jermaine: That's right. We are all self-taught. I tried to play the music I listened to. If you can get the knack, it will go smoothly.

-Could you tell me how to practice the bass?

Jermaine: Motown has a wonderful bassist named James Gemerson, who played a complex game using only one finger. He is a person who can be called a “basist among bassists”. He played in many Motown works, and he was the most difficult to play. First of all, I studied him and wanted to get inspiration from his play. But even if he can play his bass, I have to do three different things, like playing the bass, singing, and dancing, unlike other bassists. That was hard. There was a difference in the rhythm of the song and the performance, and in addition, there was movement of the foot. Because my father always told me not to stop the dance movement. So Tito and I had it hard. Jackie, Marlon, Michael said, “You have to dance together!” And we said, “I have instruments here!” It was very difficult at first, but now that I have been doing it from the beginning, now I can do it naturally.

-What do you think is the most attractive thing about the bass instrument?

Jermaine: First of all, the bass is big, so it looks cooler than the guitar. The bassists are all cool and stand on stage with confidence in their play.

-You said that the base of the Fender was used on stage in this live show, but it was the black base that was brought from the United States.

Jermaine: That's right. I bought it at Sam Ash, an American store. It is said to be “the most famous musical instrument store in the world”. It feels a bit different ... (bitter smile). The sound and feel are exactly the same as the white Fenders that I borrowed in Japan. Both (both American and borrowed bases) are Fender American Elite.

― Do you like American Elite?

Jermaine: That's right. I think that 4 strings are enough. If it is five, the neck will be a little thicker. This base should be fine and thin neck. I think everyone feels easy to play. I think that it is easy to play even with small hands.

- Thank you. Well, it will be a holiday season soon. Can you tell me if you have a recommended Christmas gift?

Jermaine: “Love” can be given to anyone during the holiday season. Is it in the form of a present, spending time together, or telling your thoughts in words? Anyone who has “love” is the best gift.

-Finally, please give advice and a message to the players who are practicing every day because they want to be great players like Jermaine.

Jermaine: First of all, you can't look at me unless you are born to a parent named Joe Jackson (laughs), but I think it's important not to give up. I think there are some serious problems. But I think it is important to continue. First of all, please concentrate on singing and playing without thinking about dancing (laughs). If you do that a number of times, you will naturally come to life.

― (Because it is 50 years since the first single song "I Want You Back" of Jackson 5 ...) You must do your best for at least 50 years.

Jermaine: Yes, that's right (laughs).

― Thank you for your valuable time before the show.

Jermaine: Thank you very much!